スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)

 自民党が今夏の参院選比例代表にプロ野球・巨人前監督の堀内恒夫氏(62)の擁立を検討していることが21日、分かった。同氏は巨人のV9時代にエースとして活躍し、通算203勝。04、05年には監督を務め、08年に野球殿堂入りした。

【関連ニュース】
趣味・スポーツ 『伝説のプロ野球選手に会いに行く【2】』=高橋安幸・著
堀内恒夫氏:自民 参院選比例で“巨人V9エース”擁立へ

<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 政府、転換に動揺(毎日新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減-衆院(時事通信)
河村市長「恒久減税、駄目なら解散しかない」(読売新聞)
同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕-三重(時事通信)
仕分け第2弾スタート=独法の無駄精査(時事通信)

医薬品ネット販売解禁をマニフェストに―民主議連が初会合(医療介護CBニュース)

 民主党の「一般用医薬品の通信販売解禁を推進する議員連盟」(会長=鈴木克昌衆院議員)は4月19日、設立総会を開いた。事務局長を務める市村浩一郎衆院議員は総会後、記者団に対し、一般用医薬品のインターネット販売の解禁について「規制改革とか時代の流れという意味でも非常に象徴的な事例。そういった意味でもマニフェストに入れ込んでいく努力をしていく必要性があると思う」と強調した。

 総会では、三木谷浩史氏(楽天代表取締役会長兼社長)が、リスクの高い一般用医薬品のインターネット販売を禁止した改正薬事法施行後の通販薬店の現状などを説明した。
 三木谷氏は昨年、ネット関連企業の経営者ら60人が出した「eビジネス振興のための政策に関する質問状」への回答で、民主党が規制について「新たな発想で、規制の在り方の見直しを検討する」としたことに触れ、「ぜひそうなっていただきたい」と期待感を表明。
 その上で、ネット販売の禁止には合理的な必要性がなく、消費者・事業者双方にとって大きな弊害になっているなどとして、「民主党は、早急に法令を再改正して規制を撤廃すべき」と訴えた。


【関連記事】
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴
医療の規制改革、方向性を6月までに提示
医薬品ネット販売規制は「合憲」
一般用医薬品販売が劇的に変化―2009年重大ニュース(6)「改正薬事法」
一般用医薬品の通信販売規制強化への見解、自民と民主で違い

全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
青海地震で緊急支援=政府(時事通信)
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)

普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)

 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の代替施設建設を平成26年までに完了するとの日米合意について「政権交代していろいろなプロセスを経ており、多少の遅れはあるかもしれない」との見通しを示した。

 移設先とされる沖縄県などの地元自治体が反対しているうえ、米側が移設に関する実務者協議を拒否しており、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着が極めて困難になったためだ。

 平野氏は普天間返還を含めた在日米軍再編のロードマップ(行程表)については「基本的な考え方を変える理屈はない。それに沿ってやっている」と述べた。

 移設問題をめぐって、政府は今週から米側との実務者協議に入る考えだった。しかし、ルース駐日米大使は9日、岡田克也外相に対し、日本側が想定する移設先について地元の同意が得られていないことを理由に協議に応じないと伝えた。

 平野氏は会見でこの点について「(米側が)拒否したわけではなく、当面は大使と外相のラインでやり取りすることになった」と説明した。もっとも、実務者協議が見送りになったことは「日本側が想定する移設先について、米側が求める軍事的な仕様を満たすかを確認できなくなる」(防衛省幹部)ことを意味する。

 また、平野氏は12日、沖縄県議会の高嶺善伸議長と会談し「県外(移設)を軸に県民の負担を軽減し(普天間の)危険性を除去する考えの下で動いている」と述べ、普天間の基地機能を可能な限り徳之島(鹿児島県)など県外に分散移転させる考えを示した。

 高嶺氏は米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島への移設を求めたが、平野氏は「現時点では難しい」と否定的な見解を示した。

「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(読売新聞)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上-福岡(時事通信)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
公務員、10年で3分の1削減=「創新党」の山田、中田両氏インタビュー(時事通信)
山崎さん帰還、1日延期の恐れ=アンモニアタンクに不具合(時事通信)

観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)

 「休日上限千円」が浸透していた高速道路の料金制度が6月からまた変わることになった。国土交通省が9日に発表した普通車2千円などの上限料金制。休日に客が集中していた観光地は「朗報」と喜ぶ一方、利用者からは「期待はずれ」と戸惑いの声も。メリットがありそうな運送業者も「恩恵は感じない」と冷静にみている。

 ■平日の客足期待

 「利用する曜日が分散すればもっと大勢足を運んでもらえる」

 こう喜ぶのは千葉県南房総市の「道の駅とみうら」の担当者。イチゴ狩りやビワ狩りで知られ、年間約70万人が訪れる人気スポットだが、昨年の「休日上限千円」で、休日は百数十台収容の駐車場が常にいっぱいに。やむなく通り過ぎる客も目立ち始めた。

 新制度では平日も割引対象になる。担当者は「平日の客は減り、売り上げ自体はほとんど伸びなかった。平日も割引になれば…」と期待する。

 ■恩恵感じない

 利用者からは賛否の声が上がった。

 東名高速道路の港北パーキングエリア(横浜市緑区)。静岡県沼津市の会社員、三村賢一さん(46)は「東京の実家に帰るのに平日でも利用するが、上限2千円なら今までとあまり変わらない。民主党は無料化すると言っていたのに期待外れ」と批判する。

 高速道路を毎日使うという女性(45)も「時々遠出をするが、ほとんどは近場なので恩恵を感じない。無料だったらうれしいけど、財源がなければしようがない」。

 長距離輸送を手がけるトラック会社には朗報になるはずだ。8日に青森を出発したという運送会社のトラック運転手、高橋福男さん(59)は「いいことだ。運賃が安く、節約できるところが高速料金ぐらいしかない」と歓迎する。

 しかし、全日本トラック協会の担当者は「長距離を走るトラックでも、頻繁にインターチェンジを降りて荷物の積み卸しをする。上限価格以下での近距離利用が意外に多く、割引の恩恵はあまりない」と分析。「平日も混雑すれば、物流の効率にも響く可能性もある」と不満を漏らす。

 ■ETCに陰り?

 従来の「休日上限千円」はETC(自動料金収受システム)搭載車のみが対象だったが、新制度は首都高速道路と阪神高速道路以外ではETCの有無による区別は原則的にない。

 「コロコロ変わる政策に翻弄(ほんろう)されるのは嫌」と話す愛知県内に住む女性会社員(36)はまだETCを搭載していない。「スムーズにゲートを通過できるETCは便利だけれど、購入はもう少し考えてから決めたい」と話す。

 こうした買い控えを恐れるのが、昨年、購入費補助などを追い風にした「ETC特需」に沸いたカー用品店だ。オートバックスセブンの広報担当者も「新制度が売れ行きに水を差さなければいいが」と心配する。

 普及率が全自動車の約4割にまで伸び、一時期の勢いこそないが、同社の全約500店舗での今年3月の売れ行きは「休日上限千円」開始前だった一昨年に比べ10%ほど上回っているという。「今後は高速道路や車に注目が集まるのを利用し、ほかのカー用品ももっとPRしたい」という。

 ただ、首都高と阪神高速ではETC搭載の有無で差がある。新制度でETC搭載の普通車は500~900円だが、未搭載車は一律で上限の900円を徴収し、従来の一律700円(東京線)に比べ、実質値上げとなる。自治体の同意が必要なため実施は早くて年末になりそうだが、「『900円』はやはり高い。ETCを購入する予定はないので、首都高にはあまり乗らなくなりそう」(東京都内の30代の男性会社員)との声も上がっている。

【関連記事】
平日長距離お得感も「実質値上げだ」 高速道新料金、批判の声
無料化“公約”どこ? 高速道路、新料金制度のポイント
国交省、高速道路割引で上限制度を導入
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回
JR西、運輸収入下げ幅最大 高速道割引など影響
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
ピザ回し世界V2…埼玉の赤荻さん、大会新で(読売新聞)
東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
村本さんの遺体、今夕帰国=ロイター関係者とタイ出発(時事通信)
橋下知事「大阪全体で再生考える」泉北ニュータウン協、初会合(産経新聞)

携帯「フィルタリング」利用は5割弱…内閣府(読売新聞)

 携帯電話を持つ児童・生徒のうち、有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」機能を付けているのは全体の5割弱にとどまっていることが7日、内閣府の調査でわかった。

 昨年4月に青少年インターネット環境整備法が施行され、18歳未満が使う携帯電話には保護者の申し出がない限り、フィルタリングを付けることが義務づけられたが、十分普及していない実態が浮き彫りになった。

 調査は昨年10月22日~11月8日、10~17歳の児童・生徒2000人(回収率68・5%)とその保護者2000人(同69・8%)を対象に面接方式で実施した。

 保護者への調査によると、携帯電話の所有率は、小学生22%、中学生47%、高校生96%。このうちフィルタリング利用者(インターネットが使えない機種・設定も含む)は、小学生62%、中学生55%、高校生39%で、全体では48%、同法施行後の購入者でも55%にとどまった。フィルタリングを「全く知らなかった」と答えた保護者も13%いた。

昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構(医療介護CBニュース)
<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
アフガン北部で取材中拉致か=日本人フリー記者(時事通信)
<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
プロフィール

かとうしげはる

Author:かとうしげはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。